医師が解説!かぜ・インフルエンザの違いと、治療・予防の方法

かぜ・インフルエンザ
  • LINEで送る

監修:簡野晃次医師

かぜは万病の元

かぜをこじらせると肺炎になったり、持病が悪化したりすることも

かぜは、冬の間に一度もひかない人の方が珍しいほどポピュラーな病気で、軽いうちに短期間で治ってしまうことが多いため、「たかがかぜ」と思われがち。けれども、こじらせてしまうと治るまでに時間がかかったり、中耳炎や肺炎をおこしてしまったりすることがあります。

また、かぜをひいて体力や免疫力が低下することによって、持病が悪化してしまうこともあるのです。

さらに、急性肝炎や膠原病など、初期の症状がかぜとよく似ている病気も多いため、熱がある、体がだるい、食欲がない、といった症状があるときは、「かぜだからそのうち治る」と無理をしないで、きちんと養生し、長引くようなら早めに医師に診てもらうことが大切です。

インフルエンザはかぜの仲間

実は正式には「かぜ」という病名はなく、鼻やのどの粘膜が炎症を起こしてのどが痛くなったり、鼻水が出たりする上気道炎や、鼻水が出たり、頭やのどが痛くなったり、37~38度の熱が出たりする感冒などを総称して「かぜ症候群」といいます。

感冒、つまり普通のかぜに比べてずっと症状が重いインフルエンザも「かぜ症候群」の仲間です。

かぜの原因の大半はウイルス

かぜの約90%はウイルスが原因で、ライノウイルスなど数多くの種類があり、残りの10%は細菌などが原因です。かぜを引きおこすウイルスや細菌が鼻やのどの粘膜に付着し、炎症がおきることによって、鼻水、のどの痛み、頭痛、発熱などの症状があらわれます。

これらのウイルスや細菌は常に空気中に存在していますが、健康なときなら感染することはほとんどありません。気温が低くなり空気が乾燥すると、のどや気管支の粘膜がウイルスを体外へ排除する働きが悪くなり、粘膜が傷つきやすくなります。

それに加えて過労や栄養不足などで体力や免疫力、抵抗力が低下すると感染してしまうのです。

感染といっても、かぜのウイルスや細菌はそれほど感染力が強くないので、かぜをひいている人が咳やくしゃみをすることによって、飛沫感染(空気感染)することはめったにありません。

大抵の場合、かぜの人がウイルスや細菌のついた手で触った物を他の人が触ってしまい、その手で自分の目や鼻、口にふれることによって接触感染するのです。

かぜを早く治すには?

かぜ気味のときは暖かくして、休養と栄養をとる

かぜのひき始めには、全身ぞくぞくと寒気がする、鼻水が出る、のどが痛い、食欲がない、などの症状が出ますね。この段階で、体を冷やさないように暖かくして、休養や睡眠を十分とりましょう。栄養があって消化のよい物を食べ、水分をしっかり補給することも大切です。

そして、まめに手洗いとうがいをしていれば、特に薬を飲まなくても数日でかぜは治るでしょう。

軽いかぜならしょうが湯や卵酒も効果的

しょうが湯

程度の軽いかぜで、微熱や頭痛がある程度なら、昔からかぜにいいとされるしょうが湯や卵酒も効果が期待できます。

しょうが湯とは、すりおろしたしょうが一片と、刻んだ長ねぎ少々を湯のみ茶碗に入れて熱湯を注いだもの。

卵酒は、日本酒一合程度を鍋に入れて沸騰させ、卵を割り入れて火を止め、好みですりおろしたしょうがや砂糖を入れたもの。

どちらも発汗作用があり、これらを飲んでたっぷり寝ると熱が下がり、体調を整えるといわれています。また、抵抗力を高めるビタミンCを多く含んだ果物なども、かぜのときにおすすめの食べ物です。

高熱や咳がひどいときは病院へ

しかし、熱が高い、のどの痛みや咳がひどい、などの場合は、かぜがこじれて長引いたり、肺炎を起こしたりする恐れがあるので、きちんと病院で診てもらいましょう。病院では症状に応じて、うがい薬や炎症や痛みを抑える消炎鎮痛剤、解熱剤、咳止めなどの薬が処方されます。

通常、かぜのウイルスに抗生物質は効きませんが、熱が高かったり、ゴホゴホと痰が絡まったような咳をしたり、青緑色のネバネバした鼻水が出たりしている場合は、細菌に二次感染していることが考えられるため、抗生物質が処方されます。

インフルエンザにかかったら…

子どもやお年寄りなどは重症になりやすい

のどの痛みや鼻水などのほかに、頭痛や38度以上の高熱、全身の倦怠感、関節痛や筋肉痛などの症状がみられたら、インフルエンザにかかっている可能性があります。

インフルエンザの原因であるインフルエンザウイルスは感染力が強く、空気中で飛沫感染します。いったん流行が始まると短期間で大勢の人がインフルエンザにかかるのは、このためです。

子どもやお年寄り、心臓や肺に慢性の病気がある人などは重症化しやすく、数年に一度インフルエンザが流行する年は、年間1000人~1400人がインフルエンザが原因で亡くなっています。

発病後早い時期であれば抗ウイルス薬が効く

インフルエンザが疑われる症状があれば、まず普通のかぜと同じように保温と休養と栄養に注意し、できるだけ早く病院へ行きましょう。

インフルエンザウイルスの有無を調べる「迅速診断キット」を使っている医療機関なら、30分ほどで診断がつきます。発病後48時間以内に抗インフルエンザウイルス薬を服用すれば、治療効果が高いとされています。

そのほか、アセトアミノフェンなどの解熱鎮痛剤や咳止めなどが処方されることもあります。

最大の予防はワクチンの接種

インフルエンザにかからないようにするには、流行する時期の前、11月~12月に予防接種を受けておくのが一番です。特に、乳幼児やお年寄り、慢性の病気を持っている人、体力が低下している人などは、受けておいた方がいいでしょう。

予防接種を受けても稀にインフルエンザにかかることはありますが、重症化するのを防ぐことができます。

かぜやインフルエンザを防ぐには?

かぜやインフルエンザにかからないようにするには、次のようなことに気をつけましょう。

栄養と睡眠を十分とる

かぜやインフルエンザを防ぐには、まず体力や免疫力、抵抗力をつけること。1日3食、栄養のあるものをバランスよく食べ、たっぷり睡眠をとることが大切です。

心身の疲れをためない

過労気味だったり、ストレスがたまっていたりすると、体力や免疫力が低下してしまいます。無理をしないで、心身の疲れは早めに解消しましょう。

適度な運動を

運動不足は基礎体力の低下につながります。ちょっとした外出ならなるべく歩く、など日頃からできるだけ体を動かすようにしましょう。

外出から帰ったら手洗いとうがいをする

かぜやインフルエンザのウイルスは顔や手、衣服に付着します。外出から帰ったら、必ず石けんで手を洗い、しっかりうがいを。

出かけるときはマスクをつける

マスクをすることによってウイルスの侵入を完全に防ぐことはできませんが、保湿と保温を保ち、それなりの予防効果が期待できます。また、外出の際は冷気から身を守れるような暖かい服装を。

部屋の湿度を上げる

冬に多いかぜやインフルエンザのウイルスは高温多湿を嫌いますが、室内をエアコンで暖房する場合、かなり湿度が低くなり、ウイルスが生息しやすい環境になってしまいます。そのため、加湿器を使ったり、部屋に洗濯物を干したりして部屋の湿度を50%以上に上げましょう。

タバコを控える

喫煙はのどや気管支の粘膜を傷つけるため、タバコを吸う人はかぜをひきやすくなり、お年寄りなどは肺炎を引き起こすこともよくあります。また、タバコは、1本吸うごとに大量のビタミンCを破壊するので、かぜが治るのに時間がかかります。

そのため、せめてかぜのときは喫煙を控えましょう。

関連記事

  • LINEで送る