鼻づまりがつづく!慢性鼻炎の症状や治療法。手術は日帰りでできる?

慢性鼻炎 治療
  • LINEで送る
白畑 敦 先生

監修

横浜旭中央綜合病院

白畑 敦 先生 

平成14年5月  昭和大学藤が丘病院 消化器外科臨床研修医
平成16年5月  昭和大学藤が丘病院 消化器外科助教(院外)
平成18年6月  幕内会 山王台病院 外科
平成19年6月  昭和大学藤が丘病院 消化器外科助教
平成20年6月  関東労災病院 外科
平成21年6月  昭和大学藤が丘病院 消化器外科 助教
平成24年10月   横浜旭中央総合病院 外科、昭和大学藤が丘病院 兼任講師

鼻水や鼻づまりなどの症状が続くと、辛いですよね。

こうした症状が長期間続く場合、『慢性鼻炎』の可能性があります。

この記事では、慢性鼻炎の症状や、点鼻薬、手術などの治療法、日常生活に及ぼす影響について解説します。

慢性鼻炎とは

1.慢性鼻炎ってどんな病気?

慢性鼻炎は、急性鼻炎が慢性化したものや、悪化したものです。

急性鼻炎をくりかえしたり、長引いたりすることで起こります。鼻の中の粘膜が赤く腫れて、炎症が起こり、鼻水や鼻づまりなどの症状がみられます。

2.慢性鼻炎の原因

慢性鼻炎 治療

慢性鼻炎は2種類に分けられ、それぞれ原因が異なります。

慢性単純性鼻炎の原因

『慢性単純性鼻炎』は、ウイルスや細菌感染などを原因とする、急性鼻炎をくり返すことでかかります。

慢性肥厚(ひこう)性鼻炎の原因

『慢性肥厚(ひこう)性鼻炎』は、急性鼻炎がなかなか治らず、引いて慢性化することでかかります。また、鼻づまりを短時間で改善する点鼻薬を使いすぎると、鼻腔内の粘膜が厚くなって、慢性肥厚性鼻炎になることもあります。

鼻中隔弯曲(びちゅうかくわんきょく)の人も慢性鼻炎になりやすい!

鼻の中の『鼻中隔(びちゅうかく)』が曲がっていて、左右の大きさが異なる人は、慢性鼻炎になりやすいです。『鼻中隔弯曲(わんきょく)』と呼ばれ、鼻の穴の広い方の粘膜が腫れて厚くなることで、炎症が起こり、慢性鼻炎を発症します。

慢性鼻炎 治療

そのほか、化学物質やアレルギー体質など

そのほか、慢性鼻炎を引き起こす原因にはさまざまなものがあります。

・化学物質(排気ガスや大気汚染物質など)

・鼻への物理的な刺激

・糖尿病、肝臓病などの病気

・アレルギー体質

・副鼻腔炎による鼻水の刺激

・鼻とのどの中間にあるリンパ組織『アデノイド』の肥大化(子どもの場合)

3.慢性鼻炎の症状

慢性鼻炎 治療

「鼻づまり」や「鼻水」がおもな症状

慢性鼻炎のおもな症状は、『鼻づまり』『鼻水』です。

鼻づまりは、単純性鼻炎の場合、片方あるいは左右交互に生じます。単純性鼻炎の鼻水は、どろっとしていることが多いです。

肥厚性鼻炎の場合は、両方に鼻づまりが起こります。肥厚性鼻炎の鼻水は粘り気があり、鼻をかみきれないこともあります。

そのほか、鼻水がのどの奥にたれる、頭痛、のどの不快感など

そのほか鼻水がのどの奥にたれる『後鼻漏(こうびろう)』や、頭痛、のどの不快感、臭いがわからなくなるなどの症状があらわれることもあります。

4.慢性鼻炎と似た症状!「副鼻腔炎」

鼻づまりや鼻水など、似た症状があらわれる『副鼻腔炎』という病気があります。

副鼻腔炎は、鼻の穴や鼻腔に細菌などが入って炎症を起こすことで発症します。副鼻腔炎を放置すると、膿のような粘液がたまる、いわゆる『蓄膿症(ちくのうしょう)』へと進行します。

副鼻腔炎の鼻水には、膿が混ざることが多いです。

慢性鼻炎を治したい!治療法について

慢性鼻炎 治療

1.慢性鼻炎の検査とは?どのように診断する?

診断は、鼻の粘膜の腫れや色を見ることでおこないます。

加えて鼻のレントゲン検査鼻づまりを調べる検査も実施します。レントゲン検査では、鼻腔の形や副鼻腔炎の有無について調べます。鼻づまりを調べる検査では、『鼻腔通気度計』という計器を使って、鼻づまりの程度を測定します。

2.慢性鼻炎の治療法

単純性鼻炎は内服薬や点鼻薬で治療

単純性鼻炎の場合は、内服薬や、点鼻薬の『血管収縮薬ステロイドスプレー』を鼻へ定期的に点鼻することで治療します。ステロイドというと副作用のイメージがあるかもしれませんが、体に影響の少ないものも多くあります。そのため長期的に使うことも可能です。

肥厚鼻腔炎は重症化している場合、手術が必要

慢性鼻炎 治療

肥厚性鼻炎の場合は、点鼻の血管収縮薬では症状が改善されにくいです。

症状が重症化している場合は、外科的手術も必要になってきます。手術では、腫れた粘膜を電気やレーザーで焼いて、鼻づまりの症状を軽減させます。

日帰りで手術を受けることも可能です。手術後一週間くらいは、鼻水、鼻づまりなどの症状が強くあらわれます。また、手術によってできた傷から出血することもあります。こうした症状は、徐々に良くなっていきます。

鼻中隔弯曲症によって、慢性鼻炎を発症している場合

鼻中隔弯曲症が原因で、慢性鼻炎を発症している場合は、鼻をまっすぐにする『鼻中隔矯正手術』と、鼻中隔の近くにある下鼻甲介骨を切除する『下鼻甲介切除術』をあわせた手術をおこないます。

ほかの病気を発症している場合

ほかの病気を合併している場合は、その病気の治療もあわせておこないます。

3.治療のさいに注意すること

慢性鼻炎をまねく『粉じん』や『過度の飲酒』、『たばこ』などは避けるようにしてください。

4.要注意!市販薬の使用について

慢性鼻炎 治療

病院へ行かずに、市販の点鼻薬を使用し続けると、先に解説したように、鼻腔内の粘膜が厚くなり、症状が悪化することもあります。

鼻づまりや鼻水が長期間続く場合は、きちんと医師の診察を受け、原因に応じた適切な治療を受けましょう。

慢性鼻炎が日常生活に及ぼす影響

「ただ鼻水が出ているだけ」と思っていると、思わぬところで影響を受けるかもしれません。

1.鼻づまりが集中力を低下させる

慢性鼻炎 治療

鼻づまりが起こっていると、脳へ十分な酸素が行き届きません。頭の中がもやもやして落ち着かず、集中力が低下します。

学生の場合は成績がふるわない、社会人であれば仕事でミスを犯しやすくなる、などの弊害が生じる可能性があります。

2.鼻水をすすることで、中耳炎になることも!

鼻と耳とはつながっています。

鼻水をすすっていると、耳の『中耳』という箇所に細菌が入り、中耳炎を起こすこともあります。中耳炎は子どもだけでなく、大人もかかります。

まとめ

慢性鼻炎は、治りにくく、治療に時間がかかることも多いです。

慢性鼻炎を引き起こしている原因に応じた治療をおこなうことが大切です。また、治療を受けると同時に、食生活や生活習慣の見直しもおこない、体質を改善していきましょう。

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

メールアドレス:任意
コメント(オプション):

関連記事

  • LINEで送る

お近くの耳鼻いんこう科を検索!

ネット受付・予約もできる

病院検索サイト

ご自宅や職場の近くで耳鼻いんこう科を探したいときは、検索サイト『EPARKクリニック・病院』を使ってみてください。口コミやクリニックの特徴を確認することができます。

EPARK
  • 科目をしぼって簡単検索♪
  • 充実の医院情報満載!
  • 待ち時間を削減!Web受付にも対応!

耳鼻いんこう科一覧へ!