子宮頸がんは予防できるってホント?ワクチンの持続期間と注意点

子宮頸がん_予防ワクチン
  • LINEで送る

監修

霞ヶ関土居美佐クリニック

院長: 土居 美佐 先生

1991年3月 大分医科大学(現 大分大学)医学部医学科 卒業
東京大学医学部付属病院 産婦人科学教室研修医、 愛育病院を経て、
東京労災病院産婦人科医長、 東京厚生年金 病院産婦人科医長に就任。
2008年8月 霞ヶ関土居美佐クリニックを設立

かつては年齢についてなど、誤解されがちだった子宮頸がんですが、今ではセックスを始めた女性なら年齢に関係なく、かかることがわかっています。

今回は、子宮頸がんの原因と予防に効果が期待されているワクチンの効果について、婦人科医の土居美佐先生に解説していただきます。

子宮頸がん予防ワクチンとは

皆さんは「子宮頸がんは予防できる」と聞いて、どう感じますか?

知っていた人は、子宮頸がんの原因をはっきり理解されている方ですね。「初めて知った」人にお役に立てるように、今回のテーマ『子宮頸がん予防ワクチン』について、わかりやすくお話したいと思います。

子宮頸がん予防ワクチンは、2009年末に日本でも認可されました。『子宮頸がん予防ワクチン』とも言います。ぜひみなさんにより知っていただけるように、子宮頸がんのことからお話ししましょう。

1.子宮頸がんの原因と発症しやすい年齢

子宮頸がん 

子宮頸がんの原因は、ヒトパピローマウイルス(以下:HPV)がセックスによって子宮頚部に感染することからはじまります。発がん性HPVは特別な人だけが感染するのではなく、多くの女性が一生のうち一度は感染する、ごくありふれたウイルスです。

セックスを始めた女性は年齢にかかわらず、若くても発がん性HPVに感染し、子宮頸がんにかかるリスクがあります

実際、わたくしは20年近く産婦人科医として診療に携わってきましたが、10代で子宮頸がんにかかられた女性も治療してきました。厚生労働省の統計によると、子宮頸がんは20~30代の女性では最も発症率の高いがんです。

そして、発がん性HPVには何度でも感染します。

発がん性HPVに感染しても多くの場合、ウイルスは自然に排除されます。自然に治る、という意味です。ただ、このときに発がん性HPVへの免疫は作られず、治ってもセックスするかぎりは感染を繰り返す可能性があります。

感染した状態が長い間続くと(『持続感染』といいます)、長い人は十数年の後、子宮頸がんを発症することがあるのです。

子宮頸がん予防ワクチンの持続効果は20年間

1.子宮頸がん予防ワクチンで予防できるウイルス

日本人・子宮頸がん患者

日本の20~30代の子宮頸がん患者の内、80~90%から検出されるのが、HPV16型、HPV18型の二つのウイルスです。

子宮頸がん予防ワクチンは、このHPV16型、HPV18型の感染を予防するものです。

子宮頸がん予防ワクチンを接種すると子宮頸がんの70%は予防できます。

発がん性HPVには他にも種類があるため、ワクチンによる子宮頸がんの予防効果は100%ではありません。

ですが、子宮頸がん予防ワクチンを接種することで、すべての子宮頸がんの70%を予防できます。

2.子宮頚がん予防ワクチンの持続期間

子宮頸がん

子宮頚がん予防ワクチンの効果は、約20年間継続します

子宮頸がん予防ワクチンは、半年間に3回、接種することでその効果を発揮します。

体の中にHPV16型、HPV18型に対する抗体が大量にできるため、約20年間は効果が継続すると推計されています。

2.感染者・発症者には無意味!予防のみ

ぜひ、知っていてほしいことがもう一つあります。

子宮頸がん予防ワクチンが効果を得られるのは、『予防』についてのみです。すでに感染しているHPVを治療したり、すでに発症している子宮頸がんを治療するものではありません。

大人の女性にできるだけ子宮頸がん予防ワクチンを接種することをお勧めするのはそのためです。

関連記事

  • LINEで送る

お近くの産婦人科を検索!

ネット受付・予約もできる

病院検索サイト

ご自宅や職場の近くで産婦人科を探したいときは、検索サイト『EPARKクリニック・病院』を使ってみてください。口コミやクリニックの特徴を確認することができます。

EPARK
  • 科目をしぼって簡単検索♪
  • 充実の医院情報満載!
  • 待ち時間を削減!Web受付にも対応!

産婦人科一覧へ!