医師が教える!脳の基本の仕組みと、脳の病気の治療・予防法

  • LINEで送る

思考や感情、運動機能など、人間のありとあらゆる活動をコントロールする脳。その中身や働きはどうなっているのでしょうか? また、脳の病気には、どのようなものがあるのでしょうか?

監修:簡野晃次医師

脳の仕組みと働き

脳の構造

脳の部位

脳には大きく分けて、大脳、小脳、脳幹の3つがあります。大脳は脳の大部分を占め、中心の溝で左右2つの半球に分かれており、脳梁という神経線維でつながっています。小脳は大脳の下方にあり、大脳や小脳と脊髄を結んでいるのが脳幹です。

大脳の表面は神経細胞の集まりである大脳皮質(灰白質)で覆われ、その下に大脳基底核(白質)という固まりがあります。大脳の中心部には大脳辺縁系という神経線維があります。

大脳のしくみと働き

大脳皮質は顔に近い部分から順に前頭葉、頭頂葉、後頭葉に分かれ、側面は側頭葉といいます。

脳の説明

前頭葉は、思考や言語、感情、創造力などを司っています。言葉を覚える、意思を持って行動する、何かを創り出す、手や足を動かす、など人間の知的で高度な活動の大半をコントロールしています。

頭頂葉は、体の各部位から送られてくるさまざまな情報を分析して温冷覚、触感、空間や左右の認識などの感覚を司ります。

後頭葉には、目でみた映像を認識する視覚中枢があり、頭頂葉から送られる空間的な情報と視覚的な情報を統合します。

側頭葉は、聴覚と臭覚、記憶の中枢です。また、感覚性言語の中枢でもあり、聞いた言葉の意味を理解します。

また、大脳基底核は運動機能の中枢で、ここが障害を受けると、手足がスムーズに動かなくなります。

大脳辺縁系には、記憶力に関係する海馬と、感情をコントロールする扁桃核があります。

小脳のしくみと働き

小脳は、体の動きをコントロールしたり、平衡感覚を司ったりしています。1度習得した動作の記憶を小脳が保存することによって、バランスやスピードを要求されるような高度な手足の動きができるようになります。

脳幹のしくみと働き

脳幹は、間脳(視底、視底下部)、中脳、橋、延髄に分かれています。中脳から延髄にかけて、網様体という神経システムがあり、意識、睡眠と覚醒、呼吸、循環、血圧、嚥下、発語などの生命維持活動の中枢です。脳幹がダメージを受けると、意識障害や言語障害など身体機能に重大な障害が起き、死亡することもあります。

脳の病気あれこれ

このように人間にとって重要な働きをしている脳ですが、ほかの臓器と同じように病気になることもあります。脳の病気の主なものには、脳梗塞、脳出血、クモ膜下出血、脳腫瘍、パーキンソン病、三叉神経痛などがあります。

脳梗塞

脳の血管が詰まってその先の部位に酸素や栄養分が届かなくなる病気です。中高年以上に多く発病し、めまい、言語障害、手足の麻痺、歩行障害などが起きます。通常は薬物療法で治療しますが、必要に応じて手術をすることもあります。予防するには、日頃から脳ドックなどで検査することが大切です。

脳出血

脳の血管が破れて出血し、頭痛や意識障害、手足の麻痺などが起こる病気です。高血圧の持病がある場合は要注意です。症状が重い場合は、緊急手術が必要になります。予防法は、定期的に検査をすることと、高血圧のコントロールをすることです。

クモ膜下出血

大脳を保護しているクモ膜という膜の下を走っている動脈に動脈瘤ができ、それが破れて出血する病気です。先天的に脳の動脈と静脈がつながっている脳動静脈奇形が原因の場合もあります。突然激しい頭痛や意識障害などが起き、死に至ることもまれではありません。

クリッピング手術や、足のつけ根の動脈からカテーテルを入れて動脈瘤をふさぐ治療を行います。定期的に検査をして破裂する前に脳動脈瘤を見つけ、治療することが大切です。

脳腫瘍

脳にできる腫瘍で、脳のさまざまな部位に発生し、大人だけでなく、幼児が発病することもあります。頭痛、嘔吐、けいれん、片麻痺、視力・聴力の障害、言語障害、知覚・神経障害、てんかんなど、腫瘍ができる部位によってさまざまな症状がみられます。

治療法は脳腫瘍の種類や症状の度合いによって異なりますが、主なものには薬物療法、放射線療法、手術療法などがあります。

パーキンソン病

パーキンソン病は、脳内の神経伝達物質、ドーパミンが減少することが原因で起きる病気で、手の震え、動けない、歩行障害などの症状があらわれます。40代以上の発病が多く、高齢で発病することも少なくありません。薬物療法やリハビリで治療しますが、重症の場合は手術することもあります。

三叉神経痛

顔に発作性の激痛が起きる病気で、脳内で三叉神経を血管が圧迫していることが原因です。歯磨きや洗顔などの刺激で症状が起きやすいようです。薬物療法が基本ですが、重症の場合は手術を行って、三叉神経と血管を引き離します。

脳の病気と認知症

認知症は老化や脳の後天的な病気のために、物忘れ、思考力の低下など知的能力が低下したり、不眠、抑うつ、妄想などの症状がみられたり、徘徊、嚥下障害、排尿・排便障害がみられたりし、日常生活を送る基本的な能力が低下する病気です。

認知症の大半は、脳血管性認知症とアルツハイマー型認知症、その2つの混合型です。脳血管性認知症は脳梗塞や脳出血が原因で、アルツハイマー型認知症は脳の神経細胞が変性したり、消失したりしたために脳が萎縮してしまうことが原因です。

認知症は原因にもよりますが、早期であれば適切な対応や治療によって症状が改善したり、病気の進行を抑えたりすることが可能です。以前と比べて様子がおかしいと思ったら早めに病院で診てもらうようにしましょう。

男性の脳と女性の脳

右脳と左脳の役割には違いがあり、右脳は空間処理、絵画・音楽など感覚的、直感的な能力や合成的・総合的な判断力などに優れています。左脳の方は、言語、計算、分析力、論理的思考などに優れています。

女性は左右の脳の大きさにほとんど差がありませんが、男性は右脳より左脳のほうがやや大きいようです。地図を読み取ったり、論理的話術を展開したりするのは男性の方が得意な人が多いのは、右脳と左脳の大きさの差からくるのかもしれません。

関連記事

  • LINEで送る